特殊清掃

特殊清掃とは?業者選び、依頼タイミング、探し方について

 

最近は遺品整理業者ならどこも特殊清掃サービスを行なっており、特殊清掃が必要になりその後に遺品の処分が必要になってくるので遺品整理業者が現在は特殊清掃サービスも行なっています。

[特殊清掃]って一体どんなことまで行なってくれるのか?

 

特殊清掃とは

独り身でお亡くなりになった方、自殺、殺人などで亡くなった方の部屋を綺麗に清掃することを特殊清掃と言います。

通常の清掃では綺麗にはできない、ハウスクリーニングでも対応することはできない独特な汚れになります。匂いなども強烈であり、現状復帰できるように綺麗にするには特殊な液剤や清掃用具を用いて清掃作業を行います。人間の体液等で汚れてしまったものは綺麗にするのは特殊清掃出ないと困難です。

遺体の発見が遅い場合は遺体から発する臭いはとても強烈で現場を個人の清掃力で綺麗にしようとするのはまず無理でしょう。虫の駆除というのも場合によっては行わなければ行けません。

このような状況でも綺麗にお部屋をするサービスが特殊清掃となります。

 

近年、高齢化社会が進み単独世帯が多くなり、お年寄りの「孤独死」の件数は年々増えており特殊清掃の需要も高まっています。

今やお年寄りの「孤独死」は社会問題の一つでもあると言われる為、自分にはあまり特殊清掃とは縁はないなぁと思っていても案外そうでもないのかもしれませんね。

 

遺品整理と特殊清掃

遺品整理と特殊清掃は密接に関係しております。

なくなった故人は何も整理できずに亡くなってしまう事がほとんどでしょう。その為、残された遺品を処分しなければ行けません。中には大型家具や大型家電製品等も撤去しなければなりませんので、高齢者の方、女性が独りで処分や整理するのは体力的にも難しいところがあります。

特殊清掃をした後には遺品整理で遺品の処分をするという流れになります。

 

特殊清掃はどのタイミングで依頼したら良いか?

タイミングは発見後すぐに段取りを行なって、現場関係者との段取りを組みながら一番早いタイミングで行う事がベストです。虫や臭いでの二次災害などを引き起こさないためにも迅速な対応が必要です。

時間がたちすぎると遺体の腐敗が進んでいたりする関係で家の床材や壁ごとリフォームが必要なケースも出て来ます。特殊清掃ではなんともならないようなケースも出て来てしまう為、建築の専門業者への依頼が必要となります。こうならないように迅速な対応をしましょう。

 

どうゆう特殊清掃業者を選べば良いか

業者選びは難しいと思うところですが最近では消費者には心強いWEBサービスを行なっているところもちらほら見えます。

例えばグローバルパーチェというWEBサイトですが特殊清掃の業者の見積りを3社以上同時にとり比較できるようなサービスを無料で提供しています。このようなWEBサービスを利用すると間違いはなく時間を効率的に使い特殊清掃業者選びを進めることが可能です。

グローバルパーチェのサイトはこちら

 

特殊清掃業者には色々と相談するのが良い

一般的に考えると他人に身内のことを色々と相談するのはちょっと気がひける・・・などと思うのが普通かと思いますが、特殊清掃をする業者さんにはとことん相談しいろんな面でサポートしてもらう事をお勧めします。

彼らは自分より知識も豊富ですし経験値も上です。徹底的に解決してもらうには些細な事でも相談してなんでも協力してもらうようにしましょう。

見積りに来てもらっている時に直接色々相談できると話もスムーズに進むでしょうし互いにとってやり易い環境が作れますので良いかと思います。

 

特殊清掃ならテゴットにお任せ

テゴットのお客様の声

コラム一覧に戻る

サービス内容を詳しく見る

他のページを見る